スターバックス タンブラーを持ってスタバへGO!

TOPページ > スターバックスコーヒー 特徴

スターバックスコーヒー 特徴

スターバックスコーヒーのメニューについて

スターバックスコーヒーのメニューの表記方法は、いままであったコーヒー店とは違っており、イタリア語や英語などが多く使用されているのが特徴です。ドリンクのサイズも「ショート」「トール」「グランテ」などと呼ばれ、それぞれS・M・Lのことをさしています。また、今では普通に使っている「カフェラテ」「カフェモカ」などの呼び方は、スターバックスなどシアトル系のコーヒー店での特徴になっています。

スターバックスコーヒーの主力商品は、エスプレッソを使用したカプチーノやカフェラテなどで、非常に人気があります。期間限定のメニューもあり、季節のフルーツなどを使用したドリンクになっています。無料でできるカスタマイズとしては、ミルク・温度・シロップ・クリーム・ソースなどの調整があります。ほかにも、50円追加すれば、エスプレッソのショット追加やミルクを豆乳に変更したり、チョコチップ・ホイップクリームの追加などができます。フードメニューとしては、タカキベーカリーが供給しているパンやデニッシュなどがあります。

▲サイトトップへ戻る

スターバックスコーヒーのコーヒー豆について

コーヒーの木は、コーヒーベルト地帯とよばれる北回帰線と南回帰線にはさまれた地域でよく育ちます。それぞれの気候や風土によって、特色のあるコーヒーの風味が生まれます。スターバックスのコーヒーは、コーヒーのバイヤーたちが、このコーヒーベルトを旅しながら、最高のコーヒー豆を買い付けして回っています。主要な原産地は、3つだといわれいます。

「さっぱりとしてはっきりとした風味があり、非常にバランスがよいラテンアメリカ産」、「柑橘系やベリー系、スパイス系などの個性豊かな風味があるアフリカ・アラビア地域産」、「ハーブ系やスパイス系の多種多様な味わいのあるアジア・太平洋地域産」のものになります。他にも、スターバックスでは、さまざまな地域のコーヒー豆を厳選し、ブレンドしてより香りや風味を引き出しています。スターバックスのコーヒー豆は、スターバックスローストという深煎りが普通ですが、ダークローストというより深い煎りのものもあります。

▲サイトトップへ戻る

スターバックスコーヒーのブラックエプロンについて

スターバックスのお店では、みんなグリーンのエプロンをつけていますが、中には「ブラックエプロン」といわれる黒いエプロンをつけている人がいます。ブラックエプロンはだれでもつけられるものではありません。スターバックスの中でもよりコーヒーに関する知識を持っているバイヤーやロースター、テイスターまた、コーヒーマスターの中でもより知識が豊富な人にだけ与えられるエプロンなのです。

ブラックエプロンを身につけるのは簡単ではありません。バリスタ(コーヒー抽出技師)たちは、このブラックエプロンを目指して日々努力しています。もちろんブラックエプロンバリスタもグリーンエプロンバリスタと一緒にお客様をおもてなししています。また、ブラックエプロンバリスタは、全国各地で開催されているコーヒーセミナーなどの講師としても活躍できます。

▲サイトトップへ戻る

スターバックスコーヒーと生産地について

スターバックスコーヒーは創業以来、高品質なコーヒー豆を提供するために世界中のコーヒー農園を回ってきました。スターバックスが求める高品質なコーヒーとは、アラビカ種のもので、これは、北回帰線と南回帰線にはさまれた「コーヒーベルト」地帯の標高900m以上の限られた高地で栽培されたものです。スターバックスにとって、これら世界各地のアラビカ種コーヒーの生産者たちは、非常に重要なパートナーだといえます。

しかし、このような生産者たちは、小規模な農家が多く、コーヒーの価格は、市場で大きく変動するため、農家の多くは、貧しい暮らしをしています。そこでスターバックスでは、生産地への環境面や社会面、経済面などの社会的貢献にできるかぎりの協力をしています。

▲サイトトップへ戻る

スターバックスコーヒーが開発したコーヒーメーカーについて

スターバックスでは、オリジナルのコーヒーメーカーなどの器具も開発・販売しています。人気があるのは、「スターバックスドリップコーヒーメーカーアロマゴールド」というコーヒーメーカーです。これは、デザインが非常にスタイリッシュなところがよいと思います。特徴としては、フィルターがゴールド(金)でコーティングされているので、コーヒーの味や風味をそのまま引き出せるというところです。

また、ポットが二重のステンレスになっているので、保温性が抜群で、保温のための加熱をしなくても温かさを逃しません。フィルターも活性炭フィルターを使用しているので、コーヒーの抽出の際、お湯がまんべんなく行き渡るので、しっかりとした味わいが楽しめます。他にも、ドリッパーとカップのセットは、手軽にコーヒーが楽しめると評判です。また、家庭用のエスプレッソマシーンなども販売しています。

▲サイトトップへ戻る

スターバックスコーヒーのコーヒーセミナー

スターバックスでは、不定期にコーヒーセミナーを開催しています。スターバックスのコーヒーマスターの資格を持ったバリスタ(コーヒー抽出技師)がブラックエプロンをつけて行ないます。セミナーは、有料制で、コースは、初級・中級・上級と三段階になっており、少しずつステップアップができるようになっています。すべてのコースを受講すると修了証がもらえるそうですよ。

コースごとにテーマがあり、まず、初級では、コーヒーの木から一杯のコーヒーができるまでの流れや産地別のコーヒーの特色を味わったり、おいしいコーヒーの入れ方などを体験します。中級では、コーヒーの楽しみ方をさらに追求したものになっており、コーヒーの鮮度などにも注目しています。さらに上級では、エスプレッソに焦点をあてて、家庭用のエスプレッソマシーンで、カフェラテやカプチーノのつくり方を教えてもらいます。各コースとも所要時間は2時間で費用は3,000となっています。

▲サイトトップへ戻る

スターバックスコーヒー ティスティングパーティー

スターバックスコーヒーでは、不定期にコーヒーの試飲会を開いています。スターバックスでは試飲会とは言わず「テイスティングパーティー」と呼んでいます。限定ブレンドやおすすめ商品などを紹介するために実施しているもので、店舗によって日時なども異なりますので、こまめな情報収集が必要です。

テイスティングパーティーに参加するためには、事前に招待券を入手しなければなりません。スターバックスコーヒーでは、エスプレッソが主流ですが、ドリップ式も非常にクオリティーが高いものになっています。また、テイスティングパーティーでは、このドリップ式と、紅茶をいれる器具のようなものを使ってコーヒーを抽出するプレス式のものの飲み比べができますので、おすすめですよ。

▲サイトトップへ戻る

スターバックスタンブラーについて クリエイタータンブラーのオリジナル画像スターバックスコーヒーの基礎知識 スターバックスの特徴スターバックスコーヒーのこだわりスターバックスコーヒーの店舗についてスターバックスカフェのこれから スターバックスカフェのこれから